« 自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳 その4 | トップページ | 超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン »

2009年1月 1日 (木)

NOVOFLEX NOFLEXAR600mmで初日の出を撮る

ノフレクサー600mmをE-3で使用すると,フル換算1200mm。
ノボフレックスの王道でこれを手持ちで撮影する。
夜中に練習でローソンを手持ち撮影したところ,
お〜!ブレてない!(写真1枚目)。
ISの絶大な威力に驚いてしまった。
さて,次は青梅丘陵方面から東京タワーを撮る。
ISOauto(1600)で1/1.3だった。
さすがブレブレ!(写真2枚目)。
夜が白んできたころ再度撮影。
このときは1/30くらい(写真3枚目)。
タワーのライトアップが消えた(写真4枚目)。
程なく日の出が始まった(写真5枚目)。
その後ぐんぐん日が昇る(写真6〜10枚目)。
ほぼ完全に日が出ることにはまぶしくてファインダーを覗けない。
絞り開放からF16にしたが,
それでも眩しくてピントが合わせられない(写真11枚目)。
網膜に太陽の残像が残り,どうしようもないので撮影終了。
最後にピクセル等倍の写真を1枚(画像をクリックしてください)。
やっぱり太陽は燃えています。

結論。
1 ISはすごい!
 これまで,昼間の撮影ではISを使用するとかえってブレたり,
 余りよい結果ではなかった。
 今回,600mmが夜に手持ち撮影可能なのには驚いた。
 すなおに三脚で撮れと言われればそれまでだが,
 ノボを三脚に立てたのではサマにならない。
2 太陽撮影の場合,ピントは事前に無限遠に固定し,
 ファインダーはあまり覗かない。
 目がやられます。
 そんなの常識と言われそうだが,
 なにぶんにも初めてだったもので,
 眩しくてピントも合わせられず,
 ファインダー表示も見えず,
 とにかく参った。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8,ISOauto
_1015253
_1015256
_1015263
_1015271
_1015285
_1015292
_1015298
_1015302
_1015307
_1015308
_1015313
_1015314

|

« 自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳 その4 | トップページ | 超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン »

NOVOFLEX NOFLEXAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOVOFLEX NOFLEXAR600mmで初日の出を撮る:

« 自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳 その4 | トップページ | 超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン »