« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009年1月31日 (土)

オオハクチョウの楽園 瓢湖 その2

ハクチョウが田んぼへ出かけている間の主役は
写真のハシビロガモを初めとするカモ類,オオバンなどだ。
体の大きいハクチョウも,ここでは小さくなっている。
周囲に雪が積もってハクチョウが瓢湖に戻ってくると,
カモ類やオオバンは池の周囲に追いやられるのだが。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_1055439
_1055459
_1055462
_1055469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

オオハクチョウの楽園 瓢湖

今年も最近の傾向と同様,瓢湖は雪が少ない。
というより全くない。
雪が少ないとハクチョウは近くの田んぼへ行ってしまい,
瓢湖は寂しくなる。
そこ代わり,ピーターとマロンは散歩しやすい。
ところが,最近は瓢湖の周囲はごく一部を除き立ち入り禁止だ。
どうやら,トリインフルエンザ対策ということらしい。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート,EC-20
_1055366
_1055375
_1055395
_1055415

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

分田のトラフズク

分田は新潟県阿賀野市の小さな集落だ。
農家の家はカイニョに囲まれ,鳥や小動物の恰好の住み家になっている。
集落の中心には小さな社(やしろ)があり,
その周囲に杜(もり)がある。
字が同じなのでややこしい。
その,社の杜にトラフズクが住んでいる。
さて,何羽いるでしょう(写真1)。
もうちょっと寄ると分かりやすい?(写真2)。
鳥やネズミの頭蓋骨,肋骨などが多数散乱している。
木の下はこんな感じ(写真3)。
ピーターとマロンを散歩しているとき,
ママが木の下の糞でトラフズクの存在に気づいた。
木の中にいるのは分かりにくい(写真4)が,
木の外側にいるのは分かりやすい(写真5)。
実際,何羽いるのか分からないが,
私は6羽確認できた。

以前は,カラスに襲われて一家全滅したが,
今年は無事正月を超えたようだ。
すぐ近くにカラスが多数いるのに,気がつかない様子。
木の一部になりきっている。

※追記;当初,この鳥をオオコノハズクとしていましたが,
数人の方よりトラフズクであるとのご指摘を頂きました。
結構大きかったので,
大きさから言ってもトラフズクだと思います。
フクロウ類を撮影したのは今回で2度目です。
前回撮影したときは,昼間にカラスに襲われ全滅しました。
ずいぶん個体数も減っているようで,
昔は良く鳴き声を聞きましたが,
今は全く聞かなくなりました。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_1045344
_1045325
_1045347_1045321
_1045342

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

祝アンジェー君10歳 アンジェー姉成人式

二十歳の成人式を迎えたアンジェー姉ちゃんと10歳のアンジェー君。
彼の方は白内障や成人病を患う初老のオッサンです。
髪の毛にも白いものが目立つようになりました。
An

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン

とにかくでかいレンズだ。
重量は正味6kg。
三脚座も何もないので,2〜3カット撮影すると持っていられなくなる。
このレンズを見ると,あのサンニッパもまるでガキのように見える。
焦点距離,開放F値も不明。
デジタルシネ用の投影レンズなので,絞りはなく開放のみ。
フルサイズ楽勝のイメージサークルだが,
広角側にすると,
レンズの後ろに取り付けたM42ヘリコイドシステムに寄って四隅がけられる。
レンズの型番の数値は拡大率のようだが,何に対してのものかわからない。
手持ちでしか撮れないので正確には比較できないが,
画角は35-70mmの標準ズームと似たり寄ったり。
サンニッパよりデカイレンズ径で開放F値はいくらになるのだろう?
画像はきわめてシャープだが,発色は少々クセがある。
焦点距離が標準の範囲なので,思ったほどボケ無い。
135mmF1.8と同程度だが,ピントはより合わせやすい。
絞りもないので室内か,屋外の夜間撮影専用だろう。
その前に,腕力を鍛えねば。

このところすっかり老け込んだピーターの顔が優しく写る。
マロンの絵がなぜか白黒のようだ。
瞳のキャッチライト,反射や輝点などがあるとピントは楽だ。
ただし,大口径にもかかわらずISが必要だ。
5分も構えていると,手の震えが止まらなくなる。

機材:EOS-5D,NIMOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1
_mg_3798
_mg_3823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

NOVOFLEX NOFLEXAR600mmで初日の出を撮る

ノフレクサー600mmをE-3で使用すると,フル換算1200mm。
ノボフレックスの王道でこれを手持ちで撮影する。
夜中に練習でローソンを手持ち撮影したところ,
お〜!ブレてない!(写真1枚目)。
ISの絶大な威力に驚いてしまった。
さて,次は青梅丘陵方面から東京タワーを撮る。
ISOauto(1600)で1/1.3だった。
さすがブレブレ!(写真2枚目)。
夜が白んできたころ再度撮影。
このときは1/30くらい(写真3枚目)。
タワーのライトアップが消えた(写真4枚目)。
程なく日の出が始まった(写真5枚目)。
その後ぐんぐん日が昇る(写真6〜10枚目)。
ほぼ完全に日が出ることにはまぶしくてファインダーを覗けない。
絞り開放からF16にしたが,
それでも眩しくてピントが合わせられない(写真11枚目)。
網膜に太陽の残像が残り,どうしようもないので撮影終了。
最後にピクセル等倍の写真を1枚(画像をクリックしてください)。
やっぱり太陽は燃えています。

結論。
1 ISはすごい!
 これまで,昼間の撮影ではISを使用するとかえってブレたり,
 余りよい結果ではなかった。
 今回,600mmが夜に手持ち撮影可能なのには驚いた。
 すなおに三脚で撮れと言われればそれまでだが,
 ノボを三脚に立てたのではサマにならない。
2 太陽撮影の場合,ピントは事前に無限遠に固定し,
 ファインダーはあまり覗かない。
 目がやられます。
 そんなの常識と言われそうだが,
 なにぶんにも初めてだったもので,
 眩しくてピントも合わせられず,
 ファインダー表示も見えず,
 とにかく参った。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8,ISOauto
_1015253
_1015256
_1015263
_1015271
_1015285
_1015292
_1015298
_1015302
_1015307
_1015308
_1015313
_1015314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »