« ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmで撮る晩秋の御射鹿池 | トップページ | NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6で飛び物挑戦 谷津干潟のチョウゲンボウ »

2008年12月 1日 (月)

NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6

このレンズ,NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6は,
新宿中古カメラ市場でわずか6,940円という実に半端な,
かつ,懐に優しい価格で販売されていた。
現在所有している600mm,400mmのフォーカシングユニットは
互換性のない旧タイプのユニットだ。
このレンズは,絞りバネの後群のレンズに絞りバネの油か,
ゴミが多数,コショウをまぶしたように付着している。
このようなことは古いレンズに良くあり,
中古レンズ修理業者に出すと簡単に取り除けるが,
望遠レンズの場合,絞らない限り描写にあまり影響なく,
ただでさえ暗いレンズなので絞ることはなく,そのまんま使っている。

その描写だが,いかにもクラシック風の写りで,逆光に弱い。
フォーサーズに付けると560mm相当の超望遠レンズになる。
晩秋とはいえ,遠くに見える圏央道が陽炎で揺れて見える。
ベローズユニットも内蔵で,マクロにも強い。
ノボフレックスはトビモノに強いので,
早速試してみたい。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR280mm F5.6開放
(1枚目はμ-30)
Pb200345
_b264752
_b203941
_b203938
_b264746

|

« ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmで撮る晩秋の御射鹿池 | トップページ | NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6で飛び物挑戦 谷津干潟のチョウゲンボウ »

NOVOFLEX NOFLEXAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6:

« ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmで撮る晩秋の御射鹿池 | トップページ | NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6で飛び物挑戦 谷津干潟のチョウゲンボウ »