« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月25日 (木)

自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳 その4

写真1枚目はサシガメ。
写真2枚目と3枚目はクモ。
写真4枚目はトンボ。
写真5枚目はイタドリ。
以上,未掲載の秋の写真でした。

機材:E-3,自作虫の目レンズ

_9143472
_9143479
_9143482
_9143491
_9143500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳 その3

写真1は,これも多分ノハラアザミ。
写真2はアザミに止まるイチモンジセセリ。
写真3は,多分クサボケの実。
写真4はマツムシソウ。
写真5はメマツヨイグサ。

機材:E-3,自作虫の目レンズ
_9143450
_9143458
_9143461
_9143466
_9143469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳 その2

写真1はよくわからないが多分ガマズミの赤い実。
写真2はこれもよくわからないが,多分ノハラアザミ。
アザミの仲間はよく似ているのでm(_ _)m
写真3はオオアレチノギク。
まさに,荒れ地や廃屋周囲,使われなくなった駐車場跡などに群生している。
写真4はヤマウルシの紅葉。
最近,原村周辺の八ヶ岳山麓は別荘地の開発が進み,
植生がすっかり変わってしまった。
このウルシも最近やたらと増えた。
写真5は昔からあるワレモコウ。

機材:E-3,自作虫の目レンズ
_9143412
_9143413
_9143418
_9143432
_9143435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

自作虫の目レンズで撮る八ヶ岳

初秋の八ヶ岳の様子を虫の目レンズで撮影した写真。
1枚目はクサボケの実。
2枚目は,マツムシソウにたかるハチ。
3枚目はマツムシソウ。
4名目はテントウムシ。
5枚目はワレモコウ。
虫の目レンズと言っても,秋なので虫が少ない。
虫の目から見た風景と言うことで(^^ゞ

機材:E-3,自作虫の目レンズ
_9143372
_9143391
_9143398
_9143403
_9143408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

アンジェーパパから その5

御射鹿池のアンジェー。
個々はいつ来ても美しい所だ。
天気の良い休日は早朝に行かないと車を止めるところが無くなる。

機材:EOS D30,TAMRON SP20-40mm F2.7-3.5初代他
Img_4580
Img_4602
Img_4625
Img_4628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

アンジェーパパから その4

麦草峠の茶水ノ池から雨ヶ池へ向かう。
雲行きが怪しくなったのと,
アンジェーママが足を痛めたので,
途中で断念し,引き返す。

機材:EOS D30,TAMRON SP20-40mm F2.7-3.5初代他
Img_4507
Img_4513
Img_4519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

アンジェーパパから その3

8月の赤岳登山の時の写真です。
苔生す森の様子や鉄分で赤い川,
オダマキやリンドウなど,
懐かしいです。
このときはカモシカ狙い(ハンティングではなく撮影)
だったけれど,この日は坊主。

ところで,アンジェーパパの写真はsRGBなので,
AdobeRGBを使用している私の写真とは色気が違います。
色気ではなくて色味か?
web公開用にはsRGBが良いと言われていたので,
sRGBで公開していましたが,
なぜか私のパソコン(MacBookPro)の
ココログ表示はやけに味気ない色でした。
それを,AdobeRGBにしたところグッと色乗りが良くなりました。
ところが,アンジェーパパの写真はsRGBでも色乗りがよいです。
なんでだろ〜

ちなみに,写真をsafariで表示すると鮮やかなのに,
Operaではあいかわらず色乗りが良くない。
その上,最近ココログの写真の拡大表示方法が変更されたせいか,
Operaで拡大表示をすると画面が暗くなってしまい,
写真は拡大表示されなくなった???

機材:EOS D30,TAMRON SP20-40mm F2.7-3.5初代他

Img_4317
Img_4343
Img_4362
Img_4436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

アンジェーパパから その2

写真1枚目は大王わさび農場。
2枚目は松本城。
3枚目は日本ピラタス山麓駅前。
4枚目は原村。
アンジェー君の雄姿が懐かしいです。
彼はこの後会陰部ヘルニア?に罹りましたが,
今は無事回復しました。
その後,アンジェー兄ちゃんが脱腸に罹りましたが,
こちらも無事回復しました。
良かったヾ(^v^)k

機材:EOS D30,TAMRON SP20-40mm F2.7-3.5初代他
Img_4269
Img_4306
Img_4447
Img_4646

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

アンジェーパパから写真が送られてきました

アンジェーパパから久しぶりに写真が送られてきました。
まず,ピーターとマロンのツーショット。
今年8月に横谷渓谷で撮影したものです。

機材:EOS D30,TAMRON SP20-40mm F2.7-3.5初代,IXY
Img_0783
Img_4572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6でラムサール条約の湿地 谷津干潟の野鳥を捕る

谷津干潟は冬が野鳥の種類が多くこれからが撮影シーズンだ。
カモやシギ,チドリが多く,
どれもよく似ているのでなかなか種類がわからない。
今回は,チョウゲンボウの他,オナガガモ,ヒドリガモ,
セイタカシギ,ハマシギ,カイツブリ,ダイサギ,
それにカワセミがわずか2時間ほどで撮影できた。
最後に謎の生物「ヤッシー?」も登場!

ノフレクサーは,600mmがフルサイズにベスト,
280mmがフォーサーズにベストマッチ,
400mmはどちらでもイケルが,
フルサイズにはやや短く,フォーサーズにはやや長い。
ただし,被写体が近い場合はフルサイズにベスト,
遠方の場合はフォーサーズにベストだ。
600mmはフォーサーズには長すぎて,
280mmはフルサイズには短すぎる。

300-600mmくらいのズームがあると全てに使えるが,
FD150-600mmのように,今度はでかくて重く使い勝手が悪すぎる。
以前,激安品があったが,現物を見て引いてしまった。
しかし,Tokina 150-600mmF5.6は比較的コンパクトで使い勝手も良い。

やっぱりおぼフレックスは使い勝手が良く,鳥の散歩撮影には最適。
トビモノを含め,散歩しながら野鳥を撮影する優れものは小型の直進ズームだ。
ワンリングでズーミングとフォーカシングをスピーディーにできる。
ワイド側で鳥を捕らえ,ズーミングしながらピントを合わせられる。
以前はPenF+OMアダプターでzuiko zoom50-250mmを愛用した。
今でもフォーサーズで時々使用するが,鳥撮り散歩写真で十分実用になる。
本格的に撮るなら150-500mmクラスだろう。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR280mm F5.6開放

_b294809
_b294887
_b305092
_b305104
_b305096
_b305132
_b305152
_b305161
_b294920

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6で飛び物挑戦 谷津干潟のチョウゲンボウ

早速,ノフレクサー280mmを持ち出し,
家の前の谷津干潟で撮影。
野鳥観察センター付近は三脚にカメラや
フィールドスコープをかかえたおじさんがたくさんいるので,
人気の少ないところをうろうろしながら撮影。
理由は,レンズが目立つので恥ずかしいから。
ノボフレックスは手持ち撮影が基本なので,
犬連れでぶらぶら歩きながら撮影する私のスタイルにピッタシ。

まずは,私めがけて飛んでくるカモメを撮影。
次は谷津干潟定番のカモ。
そして,運良くチョウゲンボウが飛んできた。
ほんの十数秒の出会いだが,
数駒ものにできた。
どうやら食事中のようだ。
獲物はネズミか小鳥か?

ノボフレックスは,空にいる鳥を撮影する場合,
ターゲットをはずしてもオートフォーカスのように
フォーカスが大きく逃げないので使い勝手が良く撮影しやすい。
ただし,トビモノを画面に大写しにする場合や
地上に止まっている場合は,オートフォーカスの方が遥かに楽だ。
画質は最新のレンズと比較するようなものではないが,
30年前はウン十万円したレンズが6,940円なので文句は言えない。
晴天の日の順光なら納得のいく描写をしてくれる。
天候状態が悪かったり,逆光だとかなり描写が荒れる。
また,海岸や高山で紫外線の影響が強い場合は,
発色が鉛色のようになり,波頭や雲の縁などに,
赤や青,緑の色が浮く。
最新のレンズでも同様の傾向があるが,
それが一段とひどい。
強い日光が当たったハイライト部は
光芒が滲んだようになりとても美しい。
使い方で楽しめるレンズだが,
私の老眼の目では,
現代のデジタル一眼でマニュアルフォーカスするのはかなり厳しい。
本来は,ピントが確認しやすい往年のライカフレックス等に向いている。
しかし,数打ちゃ何とかなるのが今のデジカメ。
ビシバシ撮って,ピントが来ているものを選ぶのが今流。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR280mm F5.6開放

_b294991
_b295051
_b295065
_b305178
_b305179
_b305182
_b305183
_b305188
_b295018
_b295019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6

このレンズ,NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmF5.6は,
新宿中古カメラ市場でわずか6,940円という実に半端な,
かつ,懐に優しい価格で販売されていた。
現在所有している600mm,400mmのフォーカシングユニットは
互換性のない旧タイプのユニットだ。
このレンズは,絞りバネの後群のレンズに絞りバネの油か,
ゴミが多数,コショウをまぶしたように付着している。
このようなことは古いレンズに良くあり,
中古レンズ修理業者に出すと簡単に取り除けるが,
望遠レンズの場合,絞らない限り描写にあまり影響なく,
ただでさえ暗いレンズなので絞ることはなく,そのまんま使っている。

その描写だが,いかにもクラシック風の写りで,逆光に弱い。
フォーサーズに付けると560mm相当の超望遠レンズになる。
晩秋とはいえ,遠くに見える圏央道が陽炎で揺れて見える。
ベローズユニットも内蔵で,マクロにも強い。
ノボフレックスはトビモノに強いので,
早速試してみたい。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR280mm F5.6開放
(1枚目はμ-30)
Pb200345
_b264752
_b203941
_b203938
_b264746

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »