« 奥蓼科 笹原溜池 | トップページ | 八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう その2 »

2008年9月21日 (日)

八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう

赤岳山荘から赤岳鉱泉へ向かう途中はニホンカモシカの撮影ポイントだ。
ここ2年連続で撮影できたのに,今回は出現無し。
アンジェーパパはカモシカ狙いだったので残念。
今回は山野草の撮影に切り替えた。

ヤツタカネアザミ(ヤツガタケアザミ?)やシモツケソウなどに,
セイヨウオオマルハナバチが集まっていた(写真1〜4)。
ヤマブキショウマにはクロムネハバチ,
カミキリムシなどが集まっていた(写真5〜6)。
ヤマハハコ(写真7),オトギリソウ(写真8),
アキアカネ(写真9)などを撮影。

赤岳鉱泉の下まで来ると川の岩も鉄さびの色をしている(写真10)。
登山者にとってランドマークとなる大同心が見えてきたが,
朝はまずまずの天気だったのに,
鉱泉の近くまで来るt上空は怪しい雰囲気(写真11)。
さらに登ると完全に真っ暗で超怪しい天気(写真12)。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート

Aseiyouoomaruhanabati
Aseiyouoomaru2
Aseiyouoomaru3
Aseiyouoo4Akuromunehabati
Ayamabukishouma
Ayamahahako
Aotogirisou
AakiakaneA8052421Adaidousin2
Adaidousin

|

« 奥蓼科 笹原溜池 | トップページ | 八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう:

« 奥蓼科 笹原溜池 | トップページ | 八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう その2 »