« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

2008年9月24日 (水)

八ヶ岳の秋の味覚 キノコをエアロエクターで撮る

八ヶ岳の秋の味覚は何と言ってもキノコ。
それもエアロエクターで撮ると一段と旨そうに見える。
最近は別荘開発による環境の変化でハナイグチ(ジコボウ)が全く採れなくなった。
沢山あるときはそれほど食べたわけではないが,
採れないとなると食べたくなる。
と思っていたら家内がカントリーキッチンにパンを買いに行った帰りに鉢巻道路沿いのキノコ屋でキノコを買ってきた。
全部7種類有ると言うが,種類は全く分からない。
食べたことのないキノコばかりだ。

結局,全部を一緒くたにしてキノコ汁にして食べた。

写真1枚目は唯一種類の分かるタマゴタケ。
一見するとかの有名な毒キノコ,ベニテングタケにそっくり。
かさに白いブツブツがないのと,根っこに卵(蛇の卵?)の殻が付いていることで区別できる。
キノコ屋のおばちゃんの話だとものすごく旨いと言うことだが,
あまりに毒々しいのでおそるおそる食べた。
結局,一緒くたに炊いたので味はよく分からなかった。
キノコ汁そのものは旨かった。
後で調べたら,生であるいは軽く湯がいてマヨネーズをつけてフレッシュサラダにするか,
ホイル焼き,味噌汁にすると旨いと言うことがわかった。
自分で見つけたらそのようにして食べてみよう。
ただし,間違えてベニテングダケを食べたら大変だ。
…ところが,そのベニテングタケ,ホイル焼きにすると最高に旨いという。
食欲をそそる香りが抗しがたいほどで,食べても味,歯ごたえともに最高という。
ただし,後から吐き気やめまい,幻覚が来るという。
どうやら死ぬことはないらしいので間違って少し食べる分には大丈夫なのかも知れないが,
食べないに越したことはない。
下に卵の殻をつけているヤツなら安心できそう。

写真2は,ヌメリスギタケモドキに似ているが,ヌメッていないので別物かも?
こいつもキノコ汁や茹で醤油,おろし和えが旨いという。

写真3〜9は,これと言った特徴がないのでなんだか全くわからない。
もう一つ,ねずみ色のでっかいヤツもあったが,
持ったらバラバラになってしまったので写真に撮らなかった。
と言うわけで全部で10種類?
エッ,キノコ屋のおばちゃんは7種類と言ったそうだ。
と言うことは,同じ種類の写真が数枚ある?
やっぱりキノコはわからない。
自分で採る場合は安全確実なハナイグチとタマゴタケだけにしよう。
それにしても,写真にあるようなキノコは山を歩いているとよく見かける。
あいつらもひょっとすると食べられるのかも?

機材:EOS 5D,Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5

Tamagotake
Numerisugitakemodoki
_mg_3329_mg_3333_mg_3342
_mg_3351
_mg_3358
_mg_3361
_mg_3367

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

八ヶ岳山麓原村の野草

原村近辺は最近別荘地の開発が進み,
ずいぶん拓けて明るくなった。
この環境で,職制がずいぶん変わり,低地の植物が増え,
山野草より栽培植物が増え,
乾燥が進んだので食用のキノコ類が減った。
以前は山ほど採れたハナイグチ(ジコボウ)も見られなくなった。

そう言うわけで,山野草の撮影にも苦労する。
あちこちで歩かないとなかなか撮影できない。

写真1はコウゾリナ。写真2〜4はミヤマモジズリ。
写真5〜6はオカトラノオ,写真7はタカネグンナイフウロ。
写真8はタチフウロ,写真9はツリガネニンジン。
写真10〜11はヤマハハコ,写真12は不明の花。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート

Kouzorina
Miyama
Miyama3Miyama2
Oka8222938
Oka8222942
Takanegunnaifuuro
Tatifuuro
Turi8222932
Yama8052507
Yama8222972
_8222952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう その2

山の上の方は雷雨(写真1)。
赤岳鉱泉付近も雷鳴とともに雨が降り出したので急遽下山開始。
川沿い(写真2)に下る。
一気の下山は膝に応えるので写真を撮りながらとなった。
タカネナデシコ(写真3)やノウゴウイチゴ(写真4),
オトギリソウ(写真5〜6),ハナチダケサシ(写真7),
マルガタハナカミキリ(写真8),
コバノイチヤクソウ(写真9),
シモツケソウやヒヨドリバナにたかるハエ?(写真10)等,
中には登山中に見落としたものも撮影できた。
最後はスギゴケの胞子体(写真11)と
ゴジュウカラ(写真12)を撮影し,山荘まで戻る。
山小屋に帰った頃には麓も雷雨となった。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート

A8052481
A8052424
Atakanedadesiko
AnougouitigoAotogirisou
Aotogiri2
AtidakesasiAmarugatahanakamikiri
Akoba
Asimotuke
Akoke
Agoju

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

八ヶ岳の主峰 赤岳へ向かう

赤岳山荘から赤岳鉱泉へ向かう途中はニホンカモシカの撮影ポイントだ。
ここ2年連続で撮影できたのに,今回は出現無し。
アンジェーパパはカモシカ狙いだったので残念。
今回は山野草の撮影に切り替えた。

ヤツタカネアザミ(ヤツガタケアザミ?)やシモツケソウなどに,
セイヨウオオマルハナバチが集まっていた(写真1〜4)。
ヤマブキショウマにはクロムネハバチ,
カミキリムシなどが集まっていた(写真5〜6)。
ヤマハハコ(写真7),オトギリソウ(写真8),
アキアカネ(写真9)などを撮影。

赤岳鉱泉の下まで来ると川の岩も鉄さびの色をしている(写真10)。
登山者にとってランドマークとなる大同心が見えてきたが,
朝はまずまずの天気だったのに,
鉱泉の近くまで来るt上空は怪しい雰囲気(写真11)。
さらに登ると完全に真っ暗で超怪しい天気(写真12)。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート

Aseiyouoomaruhanabati
Aseiyouoomaru2
Aseiyouoomaru3
Aseiyouoo4Akuromunehabati
Ayamabukishouma
Ayamahahako
Aotogirisou
AakiakaneA8052421Adaidousin2
Adaidousin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

奥蓼科 笹原溜池

茅野から御射鹿池へ向かう途中,
三井の森別荘地の手前にさり気なくあるのが笹原溜池(写真1〜3)。
美しさでは御射鹿池に引けを取らないが,
スケールはだいぶ小振り。
湖畔にはタカネトンボが舞っていた。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

_8072861
_8072864
_8072866
_8072873

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

奥蓼科 幻想的な御射鹿池

奥蓼科の人工湖である御射鹿池(写真1〜9)。
奥蓼科温泉郷へ向かう道ばたにある,
一見何の変哲もない溜め池だ。
しかし,駐車場(池の脇に車数台分の草むら)から
止水堤防の上に登って眺めるとまるで別世界。
東山魁夷の「緑響く」の白馬の湖,
あるいは液晶アクオスのCMの湖と言った方が分かりやすい。
秋(10月下旬頃)の紅葉も素晴らしい。
人もいないしゆっくり楽しめる。

池の畔は,人が少なくきれいなので犬の散歩にも適している(写真10〜11)。
サワギキョウ(写真12)やコバギボウシ(写真13)などの花も楽しめる。
八ヶ岳周辺の池や湖は多くのトンボが生息している。
草にはヤゴの抜け殻(写真13)が沢山あった。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

M8072858
M8072794
M8072798
M8072829
M8072830
M8072834
M8072850
M8072851
M8072856M072845
M8072823M8072805
M8072812
M8072816

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

秘湯 横谷渓谷の乙女滝

アンジェー,ピーター,マロンは歩く気力のないママたちと一緒に
ショップでソフトクリームを食べながら休憩。
パパたちは横谷渓谷の滝周り。
写真1は駐車場のすぐしたにある乙女滝。
定番はスローシャッターで撮るのだが,
この乙女滝,名前とは反対になかなか勇壮な滝なので,
高速シャッターで撮影。
滝を見学していたら,そばにいたおじさんが,
実は,乙女滝は農業用水路につくった人造滝だと教えてくれた。
道路の脇から唐突に滝になっているので,
以前から不思議に思っていたが,納得。
早速,アンジェーパパが撮影に挑む(写真2)。

乙女滝から霧降の滝に向かう途中に咲いていた花(写真3と4)。
同じような花だが,片方は赤っぽく,一方は青っぽい。
花の感じはバーベナブルーキャンドル風。
横谷渓谷の川は,赤岳鉱泉と同様に温泉が流れ出ており,
川の岩は赤く,鉄さびの臭いがする(写真5)。
写真6はタマアジサイ。
写真7は霧降の滝。
こちらは乙女滝とことなり天然の滝。
優雅な流れなのでスローシャッターで撮影。
滝周辺はわき水が豊富だ(写真8)。
アンジェーパパの足が疲労で痛み出したので滝巡りはここで中止。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3シャッター優先オート

Y8072736
Y8072742
Y8072748
Y8072753
Y8072759
Y8072760
Y8072766
Y8072772

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

日本ピラタス 坪庭を歩く その2

坪庭だけなら1周30分〜1時間で回ってしまう。
ロープウエーを降りたらすぐ高山植物を観察できる安易さが良い。
それも,まるで標本で飾ってあるように次から次へと…
8月でも別世界のような涼しさ。
そのかわり,ゴールデンウイークはまだ真冬だ。
歩いて登ったのか,犬連れの人もいたが,
さすがに3匹も連れている人はいない。

写真1 坪庭で撮影中のアンジェーパパ
写真2 よく分からない花
写真3 イワカガミのみ
写真4 ヤマオニグモ
写真5 コケモモ
写真6 坪庭から山上駅を望む
写真7 上空を飛ぶアサギマダラ
写真8 ハクサンフウロ
写真9 ロープウエー山上駅前
写真10 ロープウエー山麓駅前
 ピーター,マロン,アンジェーがママたちと待っている。
写真11 雨ヶ池へ向かう
写真12 アンジェーママが足を痛め雨ヶ池は断念し引き返す。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

T8072670
T8072675
T8072676
T8072681
T8072683
T8072685
T8072688
T8072694
T8072708
T8072720
T8072728
T8072731

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

日本ピラタス 坪庭を歩く

長野県茅野市にある横岳ロープウエーでピラタスに登る。
日本ピラタス,ピラタスの丘,坪庭といろいろ呼ばれるが,
この溶岩台地はなかなか見応えがある。
以前はロープウエーが犬禁では無かったので,
ピーターが子どもの頃は一緒に登った。
今回は山麓駅でピーター,マロン,アンジェーはお留守番。
一昨年の8月はピーターとマロンを連れて歩いて登った。
それに一脚とサンニッパ,50-200ズームを抱えて。
猛暑でピーターとマロンマロンは途中で動かなくなり,
それらの荷物とピーターとマロンを抱えて下山する羽目に。
今回は素直に人だけで登った。
坪庭には犬は端を歩くようにと言う看板があるので,
歩いてならOKかも知れないが,
今は自然公園はどこも犬禁になってしまった。
欧米の自然公園などは犬連れで楽しんでいるようなのでうらやましいが,
日本は犬を飼っている人のマナーが悪すぎる。
公園はどこも糞だらけなので,やむを得ないかも知れない。

写真上から
1枚目 イワカガミの実
2枚目 チョウジコメツツジ
3枚目 アキノキリンソウ
4枚目 トガスグリの赤い実
5枚目 これもイワカガミの実
6枚目 アンジェーパパ
7枚目 ノウゴウイチゴ
8枚目 これまたイワカガミの実
9枚目 よく分からない変形菌類
10枚目 キオン
11枚目 さらにまたイワカガミの実
12枚目 ヤマハハコ

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

T072669
T8072627
T8072630
T8072634
T8072640
T8072643
T8072646
T8072648
T8072657
T8072660
T8072664
T8072665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

富士見高原スキー場の百合園

八ヶ岳山麓,富士見町の富士見高原スキー場は,
夏はゲレンデが百合園になっている。
多くの昆虫が集まるが,今回は雷雨が降ったりあがったり,
天候があまり良くないのでスジグロチョウがいた程度。
白樺林の中には百合以外の花もある。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

F8042178
F8062563
F8062568
F8062571
F8062573
F8062574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

自作虫の目レンズで屋上緑化の庭のカマキリを撮る

マンション11階の屋上に大きなカマキリがいた。
カマキリの飛翔力では11階まで飛ぶのは無理だろう。
1階の生け垣に大きな毛虫がたくさんいて,
それがマンションの外壁を伝って屋上までやってくる。
それを追ってヤモリもやってくるのだが,
まだ撮影には成功していない。
カマキリも毛虫を追ってやってきたのだろうか。
夕立の後でずぶ濡れのカマキリだが,
この庭には毛虫の他,ガ,チョウ,ハチ,オンブバッタ
など餌は豊富だ。
ピーターやマロンがいるので農薬は使わない。
アブラムシも多いが,それを狙うテントウムシ,
アブラムシを利用するアリなど,生態系ができている。
池にはヤゴがおり,メダカを食べて成長し,
立派に羽化する。
ちなみに,緑化材は旭化成のガーデンマットだ。
使用後は燃えるゴミとして出せるそうだが,
現在の状態はどう見ても土なので,
ゴミに出すと怒られそう。
新品の時はシュロの毛状なのだが。
ところで,このカマキリ,普通のレンズで近づくと逃げるが,
虫の目レンズだと逃げない。
3枚目の写真などはカマキリとレンズが接触している。

機材:E-3,自作虫の目レンズ

_9073180
_9073186
_9073199
_9073218
_9073226
_9073233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

アンジェー一家,八ヶ岳に その3

原村の隣,富士見町の富士見スキー場が,
夏はユリ園になっている(写真1〜3)。
歩くと結構あるが,上から下までリフトが通っている。
この日は雷がごろごろ鳴っていたためリフトは停止。
スキー場の下半分だけ散策した。
百合の原をバックに大中小の3パピで記念撮影。
スキー場のゲストハウスにあるそば屋「花鳥家」でそばを食べる。
ここのそばはいわゆる10割そばだが結構旨い。
すぐ近くの超有名店より旨いと思うのだが。
食事中にひどい雷雨となったが,
食べた後はウソのように晴れた。

帰りはJAで晩飯の材料を仕入れ,
さらに原村の八ヶ岳実践大学校でも追加を仕入れ,
最後は農場の大芝原で一走り(写真4〜9)。

最後は山荘の駐車場でフリスビーをした(写真10)。
結局一番元気だったのはマロンだったが,
最後は山荘で早々と晩飯前の就寝となった。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

_8062541
_8062542
_8062559
_8062590
_8062594
_8062598
_8062605
_8062619
_8062621
_8072875
_8082882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

アンジェー一家,八ヶ岳に その2

まずは定番のレストラン,カナディアンファームで食事(写真1と2)。
アンジェーパパはハンモックが気に入った様子。
ハンモックはいつも子どもたちが使っているが,
大人が使っているのを見たのは1月のベトナム旅行の
メコンデルタツアーで見て以来だ。
翌日は安曇野の大王農園(写真3,4,5)へ行った。
ここは久しぶりだが,ずいぶん観光化進み,
以前は入れたところが入れなくなっていた。
ここは犬禁ではないのだが,
犬が遊べるところが少なくなってしまった。
おまけにアンジェーママが足を痛めたので,わさびソフトを食べ,
そば屋で昼食をとり,さっさと松本城(写真6,7,8,9)へ向かう。
足を痛めたアンジェーママとわんちゃんたちは下に残り,
パパたちは城の中へ。
城の中は昔のままの状態で,
敵の侵入を防ぐため中の会談は狭くて急,降りるときは怖かった。
下で待っているママたちは,おかまのおじさんと仲良くなり,
彼らの薦めで美ヶ原(写真10,11)へ向かった。
途中カーナビにだまされて道に迷いながらも到着。
美ヶ原はすごい霧で景色は全く見えなかったが,
それなりに幻想的ではあった。
帰り道はまたまたカーナビにだまされて道に迷い,
途中,ひどい雷雨に見舞われたが無事山荘へ戻った。
そんなことはよそに,1年ぶりのアンジェーに
マロンとピーターは全く吠えず,すっかり仲良くなっていた。
散歩嫌いのアンジェーも元気に歩くようになり,最高!

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 18-180mmF3.5-6.3オート

_8032157
_8032158
_8042169
_8042176
_8042195
_8042208
_8042212
_8042213
_8042218
_8042246
_8042262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

アンジェー一家,八ヶ岳に

八ヶ岳は1年ぶりのアンジェー君,今回はパパも一緒。
8月の八ヶ岳は連日30度越えで,皆さんバテ気味。
それでも,去年鍛えたせいか今年のアンジェー君は元気。
なぜか道路にはモグラの死体が転々と…

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート

_8032069
_8032071
_8032072
_8032073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »