« TRU-PLAN303mm F3.3をマウント加工 | トップページ | リーガル ヴァンプ ビブラムラグソール »

2008年3月10日 (月)

とりあえずTRU-PLANで撮影

このTRU-PLAN 303mmF3.3をEOS 5Dに取り付けて撮影。
例によって自宅の庭から安易に撮影。
このTRU-PLAN,準サンニッパだけあってとにかく重い。
三脚取り付け座もない。
ホールディングしにくい上,
ペンタ67のヘリコイド接写リングでフォーカシングするのはとてもやりづらい。

とにかく1枚目は自宅のバルコニーから。
フードも何にもない,そのまんまの開放なのでコントラストが低い。
2枚目はバルコニーで遊ぶピーター。
このレンズで動きものを撮るのは拷問に近い。
3枚目はこのところの暖かさでようやく芽吹いてきたムスカリの芽。
4枚目はクロッカス。

画像の印象として,非常に古いタダに近い価格の大口径トリプレットしては
信じられないほどのシャープで素晴らしい絵だ。
スペックの割には被写界深度は深い。
と言うか,ピントの芯がよく分からないが,
芯をはずしても結構ピントが来ている。
ソフトフォーカスレンズに似た性質だ。
フードを自作すればコントラストも良くなるだろう。
この手のレンズは使い勝手は我慢するしかないが,
かなり楽しめそう。
シノゴを楽にカバーするので,アダプターを用意すれば
これ1本でシノゴ,67,645,135に使い回しできる。
シノゴでスティッチするもの面白そう。

機材:EOS-5D,TRU-PLAN Enbrighted 303mmF3.3開放
_mg_2846_mg_2852
_mg_2856

_mg_2860

|

« TRU-PLAN303mm F3.3をマウント加工 | トップページ | リーガル ヴァンプ ビブラムラグソール »

TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152719/40449566

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずTRU-PLANで撮影:

« TRU-PLAN303mm F3.3をマウント加工 | トップページ | リーガル ヴァンプ ビブラムラグソール »