« エアロエクターで撮るクロッカス | トップページ | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmF2.8-3.5で撮る吉野梅郷 »

2008年3月27日 (木)

ケルンスイターで撮るヒヤシンス

久々にKERN SWITAR75mmF1.9(シネレンズ)を取り出した。
開放だと撮影条件によっては滲みがすごいが,
滲みが出なければシャープ。
絞ると素晴らしい描写だ。
本来,Cマウントのレンズなので135サイズではインフが出ない。
かなりの接写専用となってしまう。
無限遠を出そうと鏡胴を思い切ってカットし,
レンズエレメントの後端をディスクグラインダーで削って
マウントの中に押し込み,後ろに飛び出さないぎりぎの位置になったがまだインフが出ない。
それでも少し離れて撮れるようになったのでピーターを開放で撮影(1枚目)。
その代わり,マクロ能力が落ちてしまった。
以下はヒヤシンスのマクロ撮影。
2枚目は最近接距離で絞り開放,3枚目はF5.6。
4枚目は中間距離で絞り開放,5枚目はF5.6。
マクロ能力はリングを噛ませれば問題ないので,
どうしてもインフを出したい。
カメラマウント部にあと数mm鏡胴をマウントに押し込めばインフが出るが,
そこには絞りリングがある。
つまり,絞れなくなってしまう。
これは困った。

※:今まで,RAWファイルを現像し,フォトショップでウェブ用に保存していたが,
なぜか色がすっぱげて冴えない画像になっていた。今回から普通にjpeg保存にした。
やはり色がきれいだ。

機材:EOS-5D,KERN SWITAR75mmF1.9_mg_2942
_mg_2948_mg_2956
_mg_2960
_mg_2968

|

« エアロエクターで撮るクロッカス | トップページ | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmF2.8-3.5で撮る吉野梅郷 »

パピヨン」カテゴリの記事

KERN SWITAR75mm F1.9」カテゴリの記事

屋上緑化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケルンスイターで撮るヒヤシンス:

« エアロエクターで撮るクロッカス | トップページ | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmF2.8-3.5で撮る吉野梅郷 »