« 女の子は高いところが好き | トップページ | ライツ ヘクトール200mmF2.5で撮る八ヶ岳 その2 »

2007年10月10日 (水)

ライツ ヘクトール200mmF2.5で撮る八ヶ岳

Leitz Hektor20cmF2.5で撮る八ヶ岳 その1 ウルシとツタウルシ

紅葉にはまだ早い八ヶ岳山麓だが,ウルシとツタウルシは美しい紅葉が始まっている。
日当たりの良い山の斜面ではウルシの群落が黄色から赤へ変わりつつあり,
その他の植物の緑と相まって素晴らしいロケーションだ。
カラマツ林の日陰では秋の味覚の王様,ハナイグチ(ジコボー)が顔を覗かせている。
早速その味を堪能することにした。

それにしても,ヘクトール200mmF2.5の描写は魅力的だ。
数十年前のレンズだけに,最新レンズのようなシャープさはないが,
ほどよい柔らかさの中に,しっかりピントの芯がある。
合焦点のすぐ後ろが原形をとどめないほど大きくボケるのに,
遠方のボケ方はしっかり原形をとどめている。
いつもながらそのボケ味は不思議だ。
あとは,この難物レンズの良さを引き出せる腕があればよいのだが。

EOS 5D,Leitz Hektor 200mmF2.5,開放
_mg_1913
_mg_1911
_mg_1897
_mg_1891

|

« 女の子は高いところが好き | トップページ | ライツ ヘクトール200mmF2.5で撮る八ヶ岳 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Leitz Hektor 200mm F2.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライツ ヘクトール200mmF2.5で撮る八ヶ岳:

« 女の子は高いところが好き | トップページ | ライツ ヘクトール200mmF2.5で撮る八ヶ岳 その2 »