« 八ヶ岳の山荘でくつろぐ | トップページ | アンジェー君のデカ鼻写真 »

2007年9月 7日 (金)

八ヶ岳B級グルメ

山荘で生活していると,やっぱり自炊しないといけない。
それもなるべく簡単なやつを単品作ってしのぐ。

写真1枚目はペペロンチーノ枝豆添え。
ゆでたパスタをニンニクとオリーブオイル,鷹の爪で和えるだけ。
いわゆるスパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノというやつ。
あとは必要に応じて塩胡椒で味を調えるだけ。
ちなみに,私はほとんど味を付けない。
最後に,パセリを刻んで振りかけるが,今回はこれに枝豆を加えた。
なぜなら,ビールのつまみの枝豆が余ったから。
おまけに,この組み合わせはかなりいける。
超簡単な料理だが,スーパーでペペロンチーノのモト(レトルトパック)が売っているのが不思議。
自分で作っても手間はほとんど変わらないのに。
不思議と言えば,イタリアンの店によってペペロンチーノと称していたり,
ペペロンチーニと称していたり,まちまちなのだ。
この両者は別物なのか,同じものなのかよく分からない。
ペペロンチーノもペペロンチーニも店によって味や辛さが全然違うので何ともいえない。
誰か知っている人がいたら教えて!

写真2枚目が明太子スパゲッティー。
これも超簡単で,ゆでたパスタと辛子明太子,バターを和えるだけ。
あとは必要に応じて塩で味を調えるだけ。
ちなみに,私は明太子とバターのみで,他に味は付けない。
最後に青物を加えるが,これも今回枝豆を加えた。
理由は上に同じ。
ところで,明太子スパゲティーにはいくつかのバリエーションがあり,
明太子バター,明太子マヨネーズ,明太子オリーブオイルなどがある。
また,隠し味に醤油を加えたり,ニンニクを加えたりするが,
私は何も加えない。
最後に刻み海苔を振りかけるのが定番だが,
海苔がパスタにまとわりついてうっとうしいので,
私は海苔はかけない。
ちなみに,そばも「ざる」ではなく「もり」を食べる。
ついでながら,たらこスパゲッティーというのもあるが,
これは明太子スパゲッティーとは全く別物で,
辛子明太子ではなく普通のたらこを使う。
ところが,店によってはメニューにたらこスパゲッティーと書いてあって明太子スパゲティーを出すところもあり,
その逆もあるからややこしい。

写真3枚目は,焼き餃子。
これも作るのはカンタン。
家から持って来た冷凍パックを1日で食べ尽くしたので,追加で作った。
家でも,餃子を包むのはいつも私の役目だ。
焼き餃子の具は,豚挽肉,キャペツか白菜,ニラ,ニンニク,ショウガ,白ネギというのが定番。
私の場合は,豚挽肉とニラ,ニンニク,ショウガが基本。
それに冷蔵庫の残り物の野菜を加えるが,無ければ上記のみ。
食べたあと口が臭うのを嫌って,世間ではニンニクやニラを入れない場合が多い。
具にもしっかり味を付け,タレをつけないで食べるのが主流のようだ。
わたしはニンニク,ニラ両方とも思いっきり効かせた方が好き。
また,具の味付けは薄くし,タレをつけて食べる。
今回は片栗粉が効きすぎで餃子が全部バリでくっついてしまった。
もっとも,餃子やさんの餃子も,バリでくっついているのが多いので,これで良いのかも。
先日テレビで見たが,朝青龍の母国モンゴルでは餃子の具はチョップドマトン,タマネギ,ショウガ,ニンニクをモチモチの皮に包み,蒸籠で蒸して食べていた。
実にうまそうだったな〜。

最後は豚肉の生姜焼き。
昔,世田谷の馬事公苑の近くの山之内というトンカツ屋があって(多分,今でもあると思うが),
そこの豚生姜焼き定食が実にうまかった。
店のカウンターに座っていると,板さんが目の前で作ってくれる。
超あっさり系の純和風の味なのだ。
醤油ベースらしきタレとと酒と生姜で味を付けていたが,
その味がなかなか再現できない。
よその店の生姜焼きは私には味が濃すぎる。
あくまでも豚の生姜焼きであり,決してポークジンジャーステーキではない。
これは,妻手製のショウガダレを家から持って来たもので,あっさりして店のものより遥かにうまい。
が,山之内の純和風のタレと違い,すこし洋風の味がする。

山之内の近くのキッチン南海ではまさにポークジンジャーがあった。
私は南海では平目フライ定食(と,メニューに書いてある)を食べるのだが,
私が平目フライ(ヒラメフライ)を注文すると,店のオヤジは「平目(へいもく)一丁」と声を返す。
ある時,私は試しに「平目(へいもく)一丁」と注文してみた。
するとオヤジは,「へいもくなんてありませんよ!ひらめのことですか?」と返してきた。
あ〜っ,周囲の客が小さく鼻で笑っている。
実に困ったオヤジだ,今でも元気においしい平目定食を作っているだろうか。

そんなことはどうでも良いとばかりにマロンが豚肉を狙っている。
_8172090
_8182133
P8141913
P8141965

|

« 八ヶ岳の山荘でくつろぐ | トップページ | アンジェー君のデカ鼻写真 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳B級グルメ:

« 八ヶ岳の山荘でくつろぐ | トップページ | アンジェー君のデカ鼻写真 »