« カモ農法 | トップページ | まだまだ寒い分田 »

2007年4月18日 (水)

畔の植物

今,水田は茶色く枯れているのに対し,
畔は色鮮やかだ。
最も多いのはヒメオドリコソウ。
辺り一面に群生している。
日当たりの良い畔の土手にはツクシが顔を出している。
中でもアブラナの黄色はひときわ鮮やかだ。
ヘクトールは現代レンズと比べやや黄色っぽく写る。
枯れた田んぼは一団と地味に写り,
ヒメオドリコソウやツクシも地味めに写るが,
アブラナも黄色がやや地味ではあるが,
それでも十分鮮やかだ。

撮影機材:EOS 5D,Leitz Hektor 200mmF2.5,開放
_mg_0053
_mg_0098
_mg_0093

|

« カモ農法 | トップページ | まだまだ寒い分田 »

Leitz Hektor 200mm F2.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畔の植物:

« カモ農法 | トップページ | まだまだ寒い分田 »