« 畔の植物 | トップページ | 我が家の藤が咲いたので久々のライツヘクトール120mmF2.5 »

2007年4月25日 (水)

まだまだ寒い分田

今年の越後平野は異常なほどの暖冬で,
床暖房があれば室内暖房は不要なほどだった。
そのまま一気に春をとばして夏になるかと思えば,
梅の咲く頃から逆に寒くなり,
その後一向に暖かくならない。
落ち葉がうっとうしいという近所住民のクレームで
木を切り払われたお宮さんの境内が一層寒さを誘う。

境内から道路に出ると,
向かいの廃屋が撤去され見通しがよい。
道路には車の陰もなく,
犬の散歩にはうってつけだ。
超少子高齢化で子どもの姿は滅多に見えないが,
バス停は子どもっぽく,妙に可愛らしい。
ライツヘクトール200mmは,
このような寂れた部落をやさしくノスタルジックに表現してくれる。

撮影機材:EOS 5D,Leitz Hektor 200mmF2.5,開放
_mg_0074
_mg_0069
_mg_0116
_mg_0123

|

« 畔の植物 | トップページ | 我が家の藤が咲いたので久々のライツヘクトール120mmF2.5 »

Leitz Hektor 200mm F2.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ寒い分田:

« 畔の植物 | トップページ | 我が家の藤が咲いたので久々のライツヘクトール120mmF2.5 »