« 生存競争 | トップページ | カモ農法 »

2007年4月16日 (月)

周辺光量が気になる

分田周辺で昨日降った雨は,山の上では雪になったようだ。
手前のススキの穂が大きくぼけて,黒っぽい幽霊のように見える。
それにしても,四隅がケラれたように黒くなっているのはなぜだろう。
このヘクトール20cmは,シノゴをカバーする画角のハズ。
レンズがテレセントリックの設計でないせいか,それともカメラ側の問題か。
はたまたレンズがニコンマウントのせいか。
APS-Hの1Dでは問題なかったのに,フルサイズの5Dでは気になる。
田んぼの刈りあとを撮ったものも周辺光量が気になる。

撮影機材:EOS 5D,Leitz Hektor 200mmF2.5,開放
_mg_0097
_mg_0057
_mg_0062

|

« 生存競争 | トップページ | カモ農法 »

Leitz Hektor 200mm F2.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周辺光量が気になる:

« 生存競争 | トップページ | カモ農法 »